NEDO支援事業採択を受けました。

レグセル株式会社は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)による平成29年度「研究開発型べンチャー支援事業/シード期の研究開発型べンチャーに対する事業化支援」の事業採択を受けました。
事業名称「免疫細胞の人工的機能転換技術の開発」

本事業は坂口志文教授らによる発明をもとに、自己免疫疾患やアレルギーに伴う炎症反応を抑える新たな治療法を創出しようとするものです。新規な作用メカニズム、治療コンセプトへのチャレンジですが、成功した暁には様々な疾患への適用が期待できます。
本NEDO事業は、NEDO認定ベンチャー・キャピタル(VC)の出資・支援を受けている研究開発型ベンチャーが、シーズの事業化を押し進めることを支援するものです。当社はNEDO認定VCであるニッセイ・キャピタル株式会社が運営するファンドから出資を受けており、上記シーズへのチャレンジについて、かねて応募しておりました。この度の支援事業採択を得て基礎技術の確立を目指します。